社会福祉法人 アイリス康友会 曽師保育所 社会福祉法人 アイリス康友会 曽師保育所 社会福祉法人 アイリス康友会 曽師保育所 社会福祉法人 アイリス康友会 曽師保育所
背景/保育所玄関脇壁画より 津江克美先生作
保育所へのアクセス
保育所の概要
行事カレンダー
育児方針
保育所の給食
園歌・園旗
保育所のニュース
ギャラリー
うたのひろば
施設長のご挨拶

■BGMをコントロールする■
2020年1月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
- - - - - - -
こんにちわ
過去の『こんにちは』はこちらから ►  

記事一覧

2020年01月14日(火)09時41分

最後の芋掘り

ファイル 88-1.jpg$
            「おイモとったよ」と、得意げなポーズ

ファイル 88-2.jpg$
            イモの塊をあの手この手で苦労

ファイル 88-3.jpg$
      「いっぱい獲れたよ」。1〜2歳児と篠原さん(向って右)


 30年間余り続いた芋掘りの日。晴天。
イモ畑を前にして、どうしようかと佇んでいた伊織ちゃん(3歳1ヶ月)。
近くにいた私に「おいもとってくるね」と言って畑を歩き回り、「とったよ」と、見せに来る。小さくて可愛いいも。
写真を撮ってとポーズをする。両手を広げて足をピンとあげ、左手にかわいいイモ。集荷場に置くと、また小さくて可愛いいいも、そしてポーズ。

 すぐ近くに、イモの頭がとびだしている。「伊織ちゃん、ここにおイモあるよ」と知らせると、そこへ行き、屈んで、とても大きいイモの頭に触れてみる。撫でているがとれない。
どうするかなぁと見守る。
工夫してまわりの土を指で払い始める。
「大きいイモ、とれるかな」と励ます。
そこには一個だけではなく二個、三個の塊。
次には、指先から手のひらを使って、土のとり除く作業。「おもい、おもい(重い)」と言いながら。
場所を変え、両手で土を掘り起こし、蔓が見えてくると「よいしょ」と引っ張り、尻もち。
それでも挑戦。ひとり舞台。
そこへ保育士が「ここを握って」とアドバイス。お友達も寄ってきて、つながった二個の大きいイモを掘りあげる。その間10分足らず。
やり遂げて満足げな伊織ちゃん。

 それからイモ畑のつるを頼りに「あった?」「たぶん」と私との間で会話が成り立つ。
蔓が見つからなければ、土を掘ってみる作業。繰り返し、繰り返し。

「おイモたくさん、とってきてね」と親に言われているとのこと。

 シートに集められたイモが、散らばっていると、きれいにまとめている。
最後の最後まで働いた伊織ちゃん。他のお友だちも生き生きしていた。
帰りは、長いイモ蔓にそれぞれ捕まって、いざ保育所へ歩いて帰る。

 篠原さん、長い間イモ畑を提供してくださりありがとうございました。
三時のおやつ時蒸して頂きました。ふかふかして甘かった。
 篠原さん曰く「子どもさんたちの元気な姿に励まされてきました。こちらこそありがとうございました」。また、畑の横の道を通る時、「ここでお芋掘りしたがね」と、親子の会話が聞かれますと。
                       2019.11.14     写真&文 猪俣美智子

2019年12月31日(火)12時36分

あけましておめでとうございます

明るく幸せな一年でありますようお祈りいたします。

                2020年元旦

2019年12月03日(火)14時33分

わんぱく三兄弟〜その2〜

ファイル 86-1.jpg$
             布団と戯れるわが家の三兄弟


今日も、うちのわんぱく三兄弟は元気一杯、家の中で野球をしています。

長男(10歳)…ピッチャー。
次男(7歳)…まだキャッチができないので、ストライクゾーンに球がはいるように、かごを持ってキャッチャー。
三男(4歳)…バットでは、なかなか当たらないので、ラケットを持ってバッター。

三男は、いつも「打ちたい!」と怒るので、長男はバッターを譲る。上手く三男に打たせてあげられるよう、ゆっくりタイミングを合わせて長男が投げる。それを補佐する次男。
上手く遊びが成立するように、いつも兄は考えて遊んでいるように思えます。
三男が打つ度に、三人が即興で作ったダンスを踊りながら、歌い、大暴れ。楽しそうです。

三人で遊んでいる時はよいのですが、1人遊び中「これ見て」「これやって」「こっち来て」と求めてくる時は、だいたい私が家事中です。
「ちょっと待ってね」と一段落ついたら一緒に遊んでやったり、できない事を手伝ったりしていたのですが、ふと、「いっちゅ(いつも)も、待って、って言うよねぇ」と言われました。
この一言に考えさせられ、求めてきた時は家事をきっぱり諦めて、すぐに「いいよ」と言ってあげようと決めました。
家事をしながら、携帯を見ながらでなく、しっかり向き合って遊べば、わりと早く満たされ、満足げに1人遊びに戻っていく事が多いなと感じます。

 学校では、長男の席はいつも教壇の前。次男の教室に行くと、次男も教壇の前。幼稚園の参観では三男の並び順は一番前の真ん中。どうやら三人とも先生の手をやいているようです。
私が自由に育てているからでしょうか、落ち着きがないように思いますが、良い所も沢山あります。

長男は、教育委員会に運動能力が優れていると賞状をもらいました。
次男は、廃材を使ってロボットやギターを作ったりして、創造力がとても豊かで素晴らしい作品を作ります。
三男は、マラソンやかけっこでは、ゴールテープをきり、「宿題めんどくちぇなぁ」と兄の真似をして、嬉しそうに、沢山の文字を書いています。
三人とも、友達に激しくあたる姿は、まだ見たことがなく、楽しそうな遊びを発案するので、三人のまわりには、いつも友だちが沢山です。
それぞれの良い所を伸ばしてあげるように手助けをし、出来ない事はできたら「もうけもん」という気持ちで、ゆっくりと大きな気持ちで子育てができればいいなと思います。
どんな大人になるんだろうなぁ。

<2019 我が家のニュースランキング>
1位 三男、押入れダイブ失敗。救急車体験、ひたいを13針。
2位 長男、短距離走 自称 学年1。全校リレーで抜かしてヒーローに。
3位 私のママさんバレーチームが県№1になり、九州大会へ。
                             写真&文 保育士 村上亜里沙

ページ移動

このサイトはInternet Explorer 5.0、またはNetscape Navigator 7.0以上のバージョンでご覧ください。
当サイトのテキストおよび画像の無断転載、再配布などはおやめください。
Copyright (C) 2005 曽師保育所 All Rights Reserved.